OMソーラー特集
大阪の注文住宅、木の家の一戸建て、平屋は工務店「コアー建築工房」

大阪の注文住宅、一戸建ての工務店コアー建築工房 フリーダイヤル 0120-388-896

OMソーラー特集

外観

堺市堺区 K様

家を造るにあたって自分なりに本を読んで勉強しました。

その中で木の家に住みたいっていうことと「OMソーラー」のお家に住みたいと言う事を主人に伝えました。

OMソーラーは、部屋と部屋の温度の差がないと言うか、どこの部屋に居ても同じ温度で寒暖の差が無いっていうことが凄く良い!と思いまして。

以前住んでた実家でしたら、リビングは凄く暖かいのにトイレとかお風呂に行くとなると凄く寒いところに出て行かなくてはならなくて、それが凄く億劫だったと言うことがあったので、どこの部屋にでも温度が一緒というのは魅力的だなと思い「OMソーラー」の家に住んでみたいなあと思いました。

現在、実際に住んでみると、聞いていた通り温度差はなくて、冬の寒い日でも、寝室から一階のリビングの方に降りても、温度の差っていうのは本当になくて心地いいです。

タッチパネルがあるので、それを見ると温度のチェックが出来ます。
朝起きた時は、大体室温で18℃か20℃らいの室温なんですけど、外は3℃とか1℃とかそういった数字が出てました。それぐらい差はあるんですけどそんなに寒くは無いなと思います。

「OMソーラー」に関しては研修っていうか勉強会がコアーさんの方であったので、参加させてもらったりしました。

一戸建て子供部屋

あと、すでに住まわれている方のお話を聞いて、夏は「お湯取り」というのがあるんだよっていうのを教えてもらって、それは凄くいいな!って思い採用しました。

お湯取りの方も主人にお願いして付けてもらったんですけど、ほんとに凄い効果がありまして、真夏だったらガス料金が全然掛からなくって、基本料金で行けるくらいで温かいお湯が出ます。

堺市南区 K様

一戸建て子供部屋

会社選びの基準はやっぱり、堺で建てるのであれば堺ですぐ近いところがいいだろうって言うこともありましたし、家を建てることになりそうやなってなった時に図書館とかで見た本に、基礎的なことを書いた初心者向けないろんな本を読みました。

土地の選び方や住宅の事を簡単に説明した本を読んだ際に、たまたまそのOMソーラーに少し興味を持って、ネットで堺の工務店で「OMソーラー」とか検索したら、すぐコアーさんが出たんですよね。

で、ホームページ見させてもらったら、外観の感じとか家の中の感じが好みやったんですよね。木のこういうのいいなと思ったんで、コアーさんが最初ですね。他はどこもあたらなかったですね。

なんていうか、出来るだけ自然のものを使えるなら使って、環境に負荷を少なくて、太陽の熱をそのまま暖房に活かせるっていうのは、確かにいいですよね。太陽の熱って凄いですよね。

温かくて暑くて、それはいいなって言うか、活かせるならもったいないですよね。
日差しの暖かさを、それを活かすって言う方が興味があったんです。

一戸建て子供部屋

OMを使ってるってこともあるだろうし、この家自体が、機能的に断熱とか優れているので、外寒くても家は暖かいですよね。とても。 その暖かさが、ほわっとじんわりと暖かいっていう自然な暖かさです。

実際に比べる事は出来ないんですけど、前の家で使ってたガスは主にガスファンヒーターなんですけど、こっちと広さも違いますし、ガス代がずいぶん下がりました。

今もガスを使ってますけど、だけどそりゃ、5℃くらいのところから18度まで上げるんやったら13度やけど、この家だったら10何℃から18℃まで上げるだけなんでやっぱり違いますよね。

M様邸

外観

OMソーラーはもともと夫が興味あって夫が環境問題と言うか、CO2を出来るだけ減らす事には昔から関心があったので、太陽光で他のエネルギーを使わずに家を暖められるというのは良いことではないかと言うことで、夫の意向で取り入れることになりました。 (カーボン・オフセット CO2を抑えたクリーンな暖房を)

初年度はあまり効きが感じられなくって正直言って、大きな買い物をしてしまったけれども、これで良かったのかなって思いました。

入居が2月だったんですけども、2月はほとんどOMの効果は感じられず、春もそれほど感じず、ペレット頼みって感じでした。

夏になってお湯取りができるようになって、「わーいお湯がたくさん取れる、ガス代安くなった」っていう感覚はありましたけど、それだったらOMじゃなくても良かったんじゃないの?っていうのがその時はあって、秋になって少し効いてはいましたけど、まだやっぱり1年目・2年目はそれほど、温かいね、温かい空気出るねって言う感じで通風孔からでるのを楽しみながら、でも実感としてOM効いてるっていうのはそれほどなかったです。

3年目・4年目になってから、明らかにペレットを付ける時期が遅くなり、そしてやめる時期も早くなり。

一番実感したのが、1月末ぐらいから、立春に向けて太陽の位置が高くなってくる途端、こうどんどんOMが効きだして、あ!効いてきたって実感したのが3年目の冬だったと思います。

それからはもう、ペレットが2月後半くらいから寒いからちょっと付けるけれども、日中出掛けてて帰ってきてもすぐペレットを付けなきゃって感じではなく夕方になって日が落ちて、そろそろペレット付けとかなって言う感じで使うようになりました。

で、その3年目の冬が終わって、次春先で暑くてほんとだったら暖房入れたいところですけど、もうOMが効くのが暑くて、OMわざと停めて夏モードにしてお湯取りに使ったりするぐらいになりました。

外観

4月ぐらいから4~11月ぐらいまでほとんどお湯が採れていたので、ガスでお風呂を沸かすのはほとんどなくなりました。

まず、お湯が採れるということが一番ですけど、あの、DOMAクールがついているので夏が涼しいというのも凄くありがたいポイントです。 (日陰の涼しい空気を取り込む「DOMAクール」のはたらき)
生駒なので、夏はそれほど暑くはない、と言っても暑いと思うんですよ。

よその家はクーラーつけてらっしゃいますけど、うちお客さんが来ない限り使わないので、人数が多くなると暑くなるから付けるくらいです。

家族だけで住んでるときだったらクーラーいらずで住んでます。

私は最初DOMAクールの存在自体にも実は気が付いてなくて、たまにスイッチがクローゼットの中にあるので触ってしまって消えてしまってるときがあるんですよ。

そういう時は帰ってきたら、なんか暑い、ムッとするってその話を夫にしましたら、ちゃんとスイッチつけとかなダメだよって教えてくれて、それから必ず付けるようにしていると、帰ってくるとヒンヤリするので凄いそれがありがたいです。

絶対良かったです。凄く実感してますね。OMの良さを。 (OMソーラーシステムの良さは、「何もしてない」のに「暖かい」ところ。)

なによりもやっぱり、何もしてないのに暖かいっているのが凄いなっていうのと、で、もう一つは太陽の傾きっていうのを家に居ながらにして実感できるっていうのはお金の問題とか環境の問題とかじゃなくて

<自然と共に暮らすという意味ですごく幸せなこと>だなと思います。

  • 建物見学会 お申し込み
  • 住まいの講座 お申し込み
  • パンフレット請求

資料請求