SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

私たちコアー建築工房は、
住まいづくりを通して、
人と地域の幸せづくりを使命とした経営を徹底し
「持続可能な開発目標(SDGs)」の
実現に貢献します。

  • 1 貧困をなくそう
  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

持続可能な開発目標
SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標
(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて
記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・
169のターゲットから構成され、
地球上の誰一人として取り残さない
(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、
先進国自身が取り組むユニバーサル
(普遍的)なものであり、
日本としても積極的に取り組んでいます。

デザイン

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
しおらしき家
しおらしき家

地域の気候風土に合わせたお家をデザインすることで自然の力を最大限活用し、できるだけ機械に頼らない佇む住まいをご提案します。

地球にやさしい家

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
CO2排出量の少ない家づくり
CO2排出量の少ない家づくり

私たちが建てるのは、家そのものがCO2を吸収することができる木の家。建築・解体時にも、鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べてCO2排出量を抑えられます。
さらに、国産・地元産の材料を選ぶことで、輸送にかかるCO2削減にも貢献します。

カーボン・オフセット運動
カーボン・オフセット運動

「NPO法人 環境共棲住宅 地球の会」の理事を務め、「日本の木の家認証カーボン・オフセット認定制度」を創設。
他団体のCO2削減・吸収の取り組みを支援することで、CO2排出量の削減に貢献しています。
また、オフセット付き床版製品の開発を進めています。

より多くの人に届けたい

  • 1 貧困をなくそう
素材・性能の良さはそのまま
素材・性能の良さはそのまま

合理化された企画住宅の設計や施工においても、良質な素材と優れた施工技術を駆使し、高性能な住環境をより多くの人に届けます。

リノベーション推進

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
現代の空き家問題
現代の空き家問題

新たに立ち上げたリノベーション事業では、全国的に問題となっている空き家の耐震・断熱性能を向上させ、永年の暮らしを見据えた可変性のきく間取りにすることで危険な空き家への不安を解消し、新たな住まいづくり・まちづくりに貢献します。
また、古い建物の省エネ化を推進してエネルギー消費の削減を図ります。

匠の技

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
技を受け継ぐ
技を受け継ぐ

職人技を受け継ぎ、次世代に繋いでいくことは地域工務店の使命。大工や左官などの職人を育成し、匠の技を守る家づくりを目指しています。
自社専属大工による大工育成システムで若手大工の育成を行っています。

住む人にやさしい家

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
シックハウス知らずの自然素材の家
シックハウス知らずの自然素材の家

私たちが建てる家には、シックハウス症候群の心配はいりません。床材には紀州や吉野の無垢材を、壁には珪藻土、クロスには美濃和紙や土佐和紙を使用。壁の中の断熱材にまで、自然素材セルロースファイバーを使っています。
「赤ちゃんが口に入れても大丈夫」を基準にした素材選びで、健康に暮らせる住まいを提供します。

温熱環境向上でヒートショック対策
温熱環境向上でヒートショック対策

ヒートショックによる年間死者数は、交通事故の約4倍にもなります。
私たちは、室内に温度差を作らない間取りの工夫と、OMソーラー、セルロースファイバーによる空気循環システム高断熱性能により、健康に暮らせる住まいを目指します。

工務店パートナーシップ

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
「NPO法人環境共棲住宅 地球の会」理事
「NPO法人環境共棲住宅 地球の会」理事

弊社社長の吉瀬が理事を務める「NPO法人環境共棲住宅 地球の会」は、環境共棲住宅を日本全国に普及させることにより、地球環境の改善に貢献することを目的としています。国産材の使用にこだわる日本全国の工務店が集まり、さまざまな取り組みや研修を共同で開催し、循環型社会の構築を推し進めています。

地域コミュニティ

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
感性を育む場としての家づくり
感性を育む場としての家づくり

子どもにとって家は、これから大きく成長するための一番身近な学び舎。だから私たちは素材にこだわり、本物の自然に触れる体験を提供します。
そして、「つながりのある間取り」を大切に、人と人との関係の作法を学べる仕掛けを作り、家族がより幸せになれる家づくりを目指します。家にいながら陽の動き、風の通りなど四季を感じることができるお家です。