梅の木を挟む 二世帯住宅
大阪の注文住宅、木の家の一戸建て、平屋は工務店「コアー建築工房」

大阪の注文住宅、一戸建ての工務店コアー建築工房 フリーダイヤル 0120-388-896

梅の木を挟む 二世帯住宅

敷地の余白を生かしてアプローチ・庭・景色を楽しむ住まい

日差しの入る中庭から見えるのは
シンボルともいえる大きな梅の木。
自由気ままに専用の扉を出入りする猫たち。

奥様の実家の隣に建てられたのは
旦那様のご両親と共に生むお家。

3つの家族が共に暮らす、優しさにあふれたお家がありました。

U様邸|2014年1月 竣工
延べ床面積: 192㎡(36.77坪)

和室

両親と共に住む家

スタッフ:
家づくりのきっかけを教えてください

奥様:
主人の両親と一緒に住むために家を探し始めました。
私も実家の両親の老後について考えていて、
家を建てることもふまえて話をしていたんです。

そのときに、両親が
「ここに建てたらいい、隣のスペースが空いているから」と
言ってくれて、私の実家の隣に建てることになりました。

建てることになったのはいいのだけれど、
主人のご両親はどう思われるかな?と心配だったんです。
今まで住んでいた土地から離れることになるし
嫁の実家が隣だということでOKはしないだろうなと思ってたんですが
意外にもすんなりOKをいただきました。
じゃあ一緒にここに家を建てよう!と土地選びはクリアできました。

ただ、実家の東南に建てることになるのが気がかりでした。
日差しの入る太陽の方向に建てるということは、両親の家を日陰にしますよね。
幸い私の両親は「日陰になっても構わないから建ててくれていいよ」と
言ってくれてはいましたが、出来るだけ実家に日差しが入る家を
建てたいなと思いました。

洗い場

希望をかなえてくれたプラン

スタッフ:
コアー建築工房との出会いを教えてください

奥様:
工務店を選ぶときの基準は、やっぱり近いところでした。
図書館で資料をみていたときにOMソーラーというものに
興味をもって、コアーさんのサイトにたどり着きました。

外観・内観の感じがとても好みだったので
コアーさん以外のところは考えられなくなりましたね。

主人の両親も住むかもしれないという経緯や希望をお伝えし
プランの申し込みをしたらすぐにご対応いただけました。
希望通りの形ができあがってきたので、安心してお任せすることができました。

リビング

スタッフ:
OMソーラーシステムについては、いかがでしたでしょうか?

奥様:
出来るだけ自然のもの・エネルギーをそのまま使って
環境に負荷がないようにするというところに興味がありました。
日差しの暖かさがもったいないと思っていたので
太陽の熱をそのまま暖房に活かせるというのは面白いなと思いましたね。

実際に使ってみたら、ふわっとじんわり暖かい。
OMを使ってるというだけでなく、コアーのお家に断熱性があって
機能的ですぐれているというところもあると思います。

もともと家自体が暖かいので暖房で温度をあまり上げなくていいんです。
実際に比べられませんが、以前の家で使ってたときより
ガス代がずいぶん下がりましたね。

リビング

40年咲き誇るシンボルツリー

スタッフ:
お家のこだわりはどこでしょうか?


奥様:
庭の梅の木です。
ご近所から「梅の木の家」と言われるくらい、シンボル的な木なんです。

この梅の木は、実家が37~38年前に建った時に植えた木の中で
一番想い入れがあるんです。
花がキレイだし香りもいい、茂った後は実がなって、
毎年梅を20~30キロくらいけるんですよね。
だから、残せるものなら残したかったんです。

実家の一番西側がリビングなので、リビングの前をどんと
開けたかったのですが、そうすると日差しが入らないんです。
コアーさんから中庭を取るプランを提案していただいて、
梅の木も残したまま建てることができました。

リビング

スタッフ:
大切な木を残すことができてよかったです。
2匹の猫ちゃんとも一緒に暮らしているとお伺いしましたが
こだわったところはありますか?

奥様:
一緒に暮らしている中で、トイレの置き場が一番気がかりでした。
以前は使っていなかった部屋に置いていたので何も問題がなかったんですが、
新築になってきれいな家でスッキリ開放的な空間に、
ドーンとネコのトイレがあると変だなぁと(笑)

家を建てる前から、ネコのトイレをどこに置くかというのは
私にとっては大事なことでしたね。

結果的に壁の一部に穴をあけて、ネコのトイレまでの導線を
確保することで解決しました。
それはちゃんとしておいてよかったなぁと思いました。
ネコも思っていたより慣れてきたので、ほっとしています。

スタッフ:
猫ちゃんを飼っているからこその悩みでしたね。
気に入っていただけたようで、嬉しく思います。
貴重なお話をありがとうございました。

  • 建物見学会 お申し込み
  • 住まいの講座 お申し込み
  • パンフレット請求

梅の木を挟む 二世帯住宅 | 大阪の注文住宅、木の家の一戸建て、平屋は工務店「コアー建築工房」のトップへ戻る