狭小地でも町屋のような佇まい
大阪の注文住宅、木の家の一戸建て、平屋は工務店「コアー建築工房」

大阪の注文住宅、一戸建ての工務店コアー建築工房 フリーダイヤル 0120-388-896

狭小地でも町屋のような佇まい

メイン画像

プライバシーを守る木の格子。
広々と使える玄関土間。
2階まで伸びる木が育つ坪庭。

広々としたリビングは窓を大きくとり
デッキまで続くような奥行きを感じる空間に。

広がりと奥行きが計算された
町屋のような素敵なお家にお伺いしました。

O様邸|2003年4月 竣工
延べ床面積:86.00㎡(26.01坪)

狭小地でも町屋のような佇まい


スタッフ:
家づくりのきっかけを教えてください


旦那様:
新しい土地を探していたんですが、なかなか見つからなくて…。
それならこの土地で建て替えをしようということになりました。

敷地の形状や面積からすると、3 階建てにするしかないと考えていましたが
町屋みたいに雰囲気の良い家がいいなというイメージを元に
家づくりをスタートしました。

外の格子は、プライバシーも守れる外観のアクセントになっています。
視線が切れる高さ・目線を遮る角度はどこまでか…というのを
設計士さんとかなり打合せしました。

完成した黒の外壁と木部のコントラストが効いた外観は
本当に気に入っています。

憧れの土間と坪庭、木のこだわり


スタッフ:
家づくりのこだわりを教えてください。


旦那様:
初めに、土間玄関と、坪庭があって…とイメージだけを口頭で伝えたら、
コアーさんがぽんぽんとイメージをプランにしてくれました。

式台に使っている木はもみの木で、奈良の材木屋さんに選びに行きました。
本当はもっと薄くて手ごろなものを見ていたのですが、
監督や大工さんと打合せしていくなかで、存在感のあるもみの木に決まりました。

キッチンの長椅子など、切れ端も無駄なく使ってくれて
大工さんの心配りがたくさんあって嬉しかったです。


奥様:
実は最初はキッチンが2 階ということに抵抗があって
かたくなに1階がいいと思っていたんです。
ですが、プランをたててもらったり、見学会に参加したりするうちに
2階のほうが陽も入り、風も通るのでいいのかなと思い始めました。
あと、コアーさんの階段はすごく上りやすいので、
これだったら2 階がキッチンでも大丈夫と思いました。


奥行きを感じる空間を演出

旦那様:
家の中に広がりが欲しかったんです。
コアーさんにそれをお願いしたところ、階段の壁をガラスにしたり
食器棚は鏡貼り、梁組は縦のラインに流れるように作ってくださいました。

リビングの外にはデッキが続き、広さと奥行きの効果が出るように
作られています。
敷地は前と全然一緒なのに全然広さは違う風に思えます。

シンボルツリーは最初、植えるつもりじゃなかったんです。
ですが木は一本植えた方が絶対いいです!
との提案で、このエゴノ木を植えてもらいました。

この木がちょうど2 階に生えだしてきているというのもあるんで、
冬場はクリスマスツリーみたいに子どもの目線で飾りつけが出来るんです。

しかも落葉樹なので夏は茂って日差しを遮り、
冬は太陽の日差しを届けてくれますし…。
白い花も咲いて、季節を感じさせてくれるのがいいですね。

住んでみて、本当に満足しています。
家族4人でこの家と楽しく暮らせたらなあと思っています。


スタッフ:
広がりと奥行きをうまく演出した、素敵なお家ですね。
インタビューありがとうございました。

この物件の施工事例はこちら

  • 建物見学会 お申し込み
  • 住まいの講座 お申し込み
  • パンフレット請求

資料請求