帰るのが楽しみになるお家
大阪の注文住宅、木の家の一戸建て、平屋は工務店「コアー建築工房

大阪の注文住宅、一戸建ての工務店コアー建築工房 フリーダイヤル 0120-388-896

帰るのが楽しみになるお家

敷地の余白を生かしてアプローチ・庭・景色を楽しむ住まい

B様邸

コアー建築工房との出会いを教えてください

奥様:OMソーラーの家を建てている建築家の本を読んだりしていて、こんそういう風な家がいいなって思ったんです。

それでなんとなくコアーさんの家がそういうスタイルに近いと思いました。
コアーさんとは、私の妹がリフォームを頼んだのがきっかけで、妹から「建てた人の見学会があるから行ってみたら?」と言われて行ったのが最初です。

無垢の木を使っているとか、左官の壁だとかいうのは、妹から聞いてたので、それをうまく使っている家だなと思いました。
それと、入ってすぐリビングになるというのが、意外でしたね。

内観1 内観2

家づくりでこだわったところを教えてください

ご主人:見学会を何件か回らせていただいたのですがき、社長さんのお宅でだったと思いますが鴨居の幅を結構取っていて、ぐるっと壁に沿っていて。あったので、いろいろ物が置けていいし、子供が何か持って帰ってきたものやたり賞状を飾りたいなと思って、そこは真似をさせて頂きました。

あと、あるお宅に行ったときに畳の下に収納があって、結構容量があったので、それも取り入れたいなと思いました。

見学会では参考になる部分が多かったんですね。

はい。
あとは、以前の家ではゴチャゴチャしていてホコリまみれになっていたスピーカーなどの配線を、床をくり抜いた下に通して隠せるようにして頂いたのでスッキリしています。

もう1点、こだわったところはトイレなのですがで、1.5畳とくらいあって結構広めで、大きめの窓なので開放感があり、大変満足しています。

 
キッチンと軒には特にこだわりがあるんですよね。

奥様:台所は行き止まりが無いようにしたいという事と、障子をリビング全面にしたいということ、1階の屋根を深くとり、ウッドデッキもあおばの家みたいに広くとることでり、実際の建坪より広く感じるようにしたいと言いました。

明るいばかりではなく、影も欲しい。

ちょうどこの設計の話をしていた頃に見ていた建築雑誌に載っていた数寄屋造りの家が、すごく軒が深かったんです。く、その下で一服ができるのが素敵だなと思い、軒を深くしたくなりました。

ウッドデッキもその分濡れにくく長持ちするしという思いもあって・・・。 軒裏をまっすぐにすることで、外の景色が写真のように切り取って見えるようにして下さっています。て、広く感じるし、庭の木がより映えて見えるんじゃないかなと思います。

あと、ちょうど南東向きなので、東からの陽が夏は早くから当たるんですが、軒が深いおかげで家の中までギリギリ入ってきません。

こだわったおかげで、涼しい室内になったんですね。

はい。
直射日光が入ってこない分、涼しくなってると思います。
台所はすごくこだわったので、使うたびに「やっぱり良かったなぁ」と思って、毎晩ステンレスを磨いたり、床も肌触りがいいなと思って満足しています。

 ー屋根は瓦なんですね?

ご主人:妻が屋根は瓦にしたいという想いがあったので瓦にしました。

コアーさんと話をしていく中で、パソコンで間取りなどをいろいろいじれるツールがあって、僕は間取りだけ考えてああしたいこうしたいと作って社長さんにも見てもらったんですが、素人なので外観などは考えてなくて…

コアーさんに外観なども含めて考えて頂いた設計を見ると、外から見てかっこよく見えるし、。
屋根の向きなども考慮されており、当然ながらやはり全然違うなと思いました。

パソコンで自分で間取りを考えているときは、楽しいなと思いました。
2階やロフトなど、立体的に考えないといけないので、設計士さんって実際に色々考えながら創られているんだなと、素人ながら思いました。

吹き抜けもそうですが、2階も屋根まで空間があるので開放感があり、すごく住み心地が良いです。く、梅雨の時期は以前の家ならすごくジメジメしてたんですが、今は壁が珪藻土ということもあって、ジメジメせずにすごく過ごしやすかったです。

ご主人と奥様のこだわりが詰まった家だということが、すごい伝わってきます。インタビューありがとうございました。

内観3 内観4 内観5 外観 内観6 内観7 内観8

  • 建物見学会 お申し込み
  • 住まいの講座 お申し込み
  • パンフレット請求

資料請求