敷地調査4つのポイント ~ ②役所調査~

役所調査

役所調査

前回①敷地調査についてご紹介させて頂きました。

https://www.woodlife-core.co.jp/wp/?p=86350

今回は役所調査についてのご紹介です。

役所の調査では、土地の地域の市役所や管轄する法務局にて

調査を行います。

1、道路の種類

敷地には接道2mの義務があります。

また道路の種類に応じて、申請の方法や道路の明示

敷地のセットバックなどあり、詳しい調査が必要なポイントです。

2、水道や下水、雨水放流の確認

ライフラインの確保として、必ず確認が必要です。

3、用途地域・防火指定・壁面後退・高さ指定・日影規制・建蔽率・容積率の確認

これは家の建築をする際に、役所に建築許可を頂く為にクリアしないといけない条件になります。

また、開発申請や事前協議事項、水理組合の同意、建築協定地区協定、宅造申請に埋蔵文化財など

細かくチェックをし、建てる土地の条件を確認する事が大切です。

敷地の条件により、予算にも大きく影響する項目も沢山あるので、

お家のご計画の際は、何なりとお申し付け下さい。

(上垣内)

kengakukai_bunner_201901_B-02

 

 

!cid_69A86D33-33CF-4FBF-BEF1-9DC8178DEC17

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい

 

 

 


関連記事

  1. IMG_3154.jpg

    玄関の土間

  2. 羽曳野市S様邸新築工事

  3. 家のクッキー

  4. 堺市南区泉田中Y様邸新築工事

  5. ネコモデル

  6. 洋風アプローチガーデンの暮らし

  7. 炭火焼き料理

  8. IMG_6212.jpg

    河内長野市 U様邸 竣工検査 ”実施”

CONTENT

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページトップへ