木のはなし。1話。

foresttours_img

今日は少し真面目な木のはなしです。

 

日本の面積の約70%は森林です。

なのに、木材を海外から輸入したりしています。

 

これはどういうことでしょう。

 

海外の木材の方が、日本の木材よりも安く手に入るからです。

 

どうしても安いお金で建築しようと思うと、安い輸入品を使わないといけません。

そうやって日本の木は使われなくなり、林業は衰退し、ますます木が使われなくなり・・・と悪循環です。

 

そこで!!!!!

以前にまみたんイベントで、子供たちに「日本の木」のことをもっと知ってもらうために作ったポスターがあります。

木をつかおう

これが日本の林業を守る、良いサイクルです。

 

「でも森林伐採したらダメなのでは??」と、よく聞かれます。

 

むやみに伐採するのはいけませんが、“ほどよく手入れ” はしないといけません。

 

木が密集すると、根っこまでお日様が当たらず、しっかり根付きません。

根っこが弱い木は、地震や台風、豪雨などですぐに倒れてしまい、こんな風に土砂崩れを起こします。

 

807b3d43e02eb8f1db1e9c0349139f84_s

しっかり根を張った山にするためには、人間が手入れしないといけないのです。

 

果物を育てる時、甘く大きな実にするために、あえて、他の実を刈り取ったりしますよね。

それと同じです。

 

健康な山、健康な木をつくるには、どうしても人間の力が必要です。

 

コアー建築工房は、紀州(和歌山県)の木材を構造材に使用しています。

 

和歌山の杉の木は、とても強くてまっすぐで、家の材料としてとても優秀です。

小さなお子様は、「木の良さ」を一番知っていて、

コアーのモデルハウスでは寒い冬でも靴下を脱いで、床にゴロンとしています。

是非一度、木の香りや肌触りを感じに、モデルハウスへ遊びに来ませんか?

20180802photo02_157web

 

 

(川嶋)

kansyasai_bunner_201811-01 kengakukai_bunner_201811-02

1.png 2.png

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい

 

 

 

 

 


関連記事

  1. IMG_1346.jpg

    ガーデニング

  2. 堺市中区 S様古民家再生中!

  3. 堺市F邸新築工事

  4. 靴下履かせてますか?

  5. 昼食

  6. DEN

  7. さすが。

  8. 企画部の いいね!

CONTENT

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページトップへ
コアーの住宅再生