冬至

今日は冬至、ゆず湯とかぼちゃで冬を感じる日でもありますが、

建物を計画する上でポイントになる日でもあります。

何故なら冬至は太陽の上る位置が1年で最も低い日、

つまり、日影が最も広範囲に出来る日、そして、言い換えると

直射光が一番奥まで差し込む日だからです。

そのため建物の配置計画や、光の取り入れ方を検討する時は必ず冬至を想定して

検討をしています。

私達が提案する、自然の恵みを取り入れた家づくりをする上で、

光の計画は重要なポイントのひとつです。

夏至・冬至の日射比較

(栗林)

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい


関連記事

  1. IMG_1798

    メダカの兄弟

  2. IMG_1396.jpg

    家は子供の遊び場でもある。

  3. 住宅再生 作品 その1

  4. IMG_3501.jpg

    大工さんお手製キャットタワー!!

  5. 2c0c6b565030.jpg

    お施主さまと造り手

  6. 20190620174741-0001

    設計シリーズ vol.5 斜めに家を建てる

  7. img_4731-1.jpg

    モノ・モノの低座椅子

  8. 古民家住宅の美しさ!風格(どうぞ⇒写真撮影)

CONTENT

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップへ
コアーの住宅再生