私たちの家づくり

冬至

今日は冬至、ゆず湯とかぼちゃで冬を感じる日でもありますが、

建物を計画する上でポイントになる日でもあります。

何故なら冬至は太陽の上る位置が1年で最も低い日、

つまり、日影が最も広範囲に出来る日、そして、言い換えると

直射光が一番奥まで差し込む日だからです。

そのため建物の配置計画や、光の取り入れ方を検討する時は必ず冬至を想定して

検討をしています。

私達が提案する、自然の恵みを取り入れた家づくりをする上で、

光の計画は重要なポイントのひとつです。

夏至・冬至の日射比較

(栗林)

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい