記事一覧

断熱材(セルロースファイバー)の施工方法

今回はコアー建築工房 おすすめの断熱材についてです。

【セルロースファイバー】という新聞紙をリサイクルして生まれた断熱材です。

私たちが選ぶ理由として

●素材が自然由来の物であること(製造工程、廃棄工程でのCO2排出量が圧倒的に少ない)

→以前に書いたブログに表があります

●施工精度が良い(断熱欠損がない、子会社で認定施工者による施工)

●調湿機能・吸音効果がある(無結露20年保証、防音効果)

他にも燃えないようになっていて、かつシロアリが寄り付かないなど

木の家にとても相性がよい断熱材として、ご提案しております。

 

先日、我が家にもデコスドライ工法が入りました!

機械に入れ、送風機のダクトにて室内に送り込まれます。

 

壁の中にセルロースファイバーを詰め込む為、まずはシートを張ります。

そして、ホースを差し込み、パンパンまで詰め込んでいきます。

コンセント廻りまでしっかり入ること、窓の上下など施工しにくい省スペースにもしっかり入れられる所が、断熱欠損を作らない大きな特徴です。

そして、調湿機能を最大限活かす為、外壁には室内で吸った湿度を外に出せる様に通気層をつくります。

コアーのマークがあるシートは湿気を出して、水は入らないシートです。

今年の夏の完成時には、この断熱材の効果を感じられることが楽しみです!

ご興味頂けた方は

4/17(土)9:30~ 美原加工場ツアー

にて家の木材、断熱材についてご説明させて頂きます。

 

セルロースファイバーのお家での住まい心地については、こちらのイベントにて

直接住まい手から聞いて頂けます。

(住まいの相談室 田深)