記事一覧

お庭を御裾分け

コアー建築工房では、お家造りをさせていただく際、必ず植栽を提案させていただいております。

植栽は、玄関までの深いアプローチを彩り、主張せずに人の目を引くこともでき、日の光を浴びた草木が影を落として、時間の移ろいを感じたり、夏の日差しから室内を守ってくれたりもします。

今回は、コアー建築工房で施工させていただいた物件のお庭を、いくつか紹介させていただきたいと思います。

 

初めに紹介するのは、中庭をぐるりと囲むような間取りで設計されたお家。

中庭という閉じられた環境が、秘密基地のような、自分だけの空間に居るかのような感覚を湧き立たせてくれるように感じます。

外壁の黒も相まって落ち着いた雰囲気があり、思わず休憩しに出たくなるようなお庭です。

また、部屋から中庭を見たとき、中庭を挟んで向こう側にもまた部屋が見えるので、視覚的に奥行きを感じることが出来、家族との繋がりも感じやすいです。

 

続いて、広い開口からお隣の公園に生える桜の木が望めるお家。

周りの環境から景色を引用し、遠くに見える山々や木々などを、あたかもそのお庭の一部であるかのように見せる、借景を利用したお庭になります。

公園側はシンプルに芝を敷き、あまり木を植えないことでよりこの借りてきた桜の木が映えるようになっています。

好みにもよるかもしれませんが、垂れ壁を少し下まで伸ばすことで、手前の建具の枠を見えないようにしているのも視覚的なポイントです。建具枠が見えているのも、額縁のようにカチッと外の景色を切り取ってくれますが、こうすることで緩やかに外との境界を作ってくれます。

借景を利用したお家をもう一軒。

山あいの高速道路を走っているときなんかに、遠くの方に町が広がっていたりするとついその光景に目を奪われがちですが、このお家ではお庭に出るだけで町が一望できます。

反対に近くに目をやると立派な木がたたずんでおり、この景色を独り占めできます。

ここはバルコニーで、正確にはお庭ではありませんがせっかくステキなので紹介させていただきました。

 

お庭を見てみよう、ということで、新居に入ると、まず初めに内装や間取りなどに目が行きがちですが、気持ちが落ち着いてくるとだんだん外の木々の存在感は増してきます。

そこにあるだけで何故か落ち着くし、優しささえも感じることが出来ます。

建具を開けっぱなしにして、直接景色を楽しむのもいいですが、日の光をあびて障子や壁などに草木の影が映って揺らいでいるのも趣があっていいな、と思います。

植栽は、虫が多くて大変だったりする面もありますが、鳥が遊びにやってきたり、日々にちょっとした癒しを運んでくれる、生活のパートナーだと、私は思います。

(後藤)