断熱材
大阪の注文住宅、木の家の一戸建て、平屋は工務店「コアー建築工房

大阪の注文住宅、一戸建ての工務店コアー建築工房 フリーダイヤル 0120-388-896
私たちの家づくり CONCEPT

断熱材
〜壁内無結露20年保証〜

断熱材および断熱工法は家の性能に大きく影響を及ぼします。
コアー建築工房はセルロースファイバー断熱のデコスドライ工法を採用し通気工法と合わせることで、
断熱性能と調湿性能に優れた家づくりにこだわります。

画像
断熱材とは?

「家が着る服」のようなもの。
夏の暑さ・冬の寒さを防ぎ、快適な室内の温熱環境を作り出します。
建物の中で一番面積の広い「壁」に断熱効果の高い建材と施工をすることで密閉度が高く、温度調節の効果も高まり光熱費も抑えられ、継続的な省エネにつながります。
効果的な断熱・防音施工を行うには断熱材の素材性能の高さはもちろんのこと、施工方法がその性能を十分に生かせるものでなくてはなりません。

セルロースファイバーとは?

新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材です。
様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくります。この空気の存在がよりいっそう熱や音を伝えにくくします。
さらに、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保つ人や環境にやさしい理想の断熱・調湿・防音材です。
安全基準に厳しい環境先進国のある欧米諸国が発祥の地で、米国の断熱材 種別シェアを調べてみると最も多く使用されています。昨今の時代背景のもと、日本でもその需要が見込まれます。

デコスドライ工法とは?

次世代省エネ基準適合断熱材の性能を最大限に引き出すデコスドライ工法。
断熱材の性能を最大限に引き出します。

効果的な断熱・防音施工を行うには断熱材の素材性能の高さはもちろんのこと、施工方法がその性能を十分に生かせるものでなくてはなりません。
デコスドライ工法は、乾式吹き込み工法ですので、手の届かない隅部の充填が可能で、
隙間からの熱損失を防ぎ、抜群の断熱・調湿・防音性を実現します。

デコスドライ工法 7つの特徴
01
断熱性
●高い断熱性能 ●経年劣化しない ●断熱欠損がない

「セルロースファイバー」は、断熱材本来の性能である断熱性に高い効果を発揮します。
冬は暖房した室内の熱を逃さず、夏は外部からの熱の侵入を抑えます。
家の中の温度差や、床面と天井面の温度差も少ないので温度のバリアフリーを実現します。

thum01
02
安心・安全性

新聞販売店で売れ残った新聞や、新聞社の試し刷り、一般家庭から持ち込まれた新聞紙から「セルロースファイバー」はつくられます。
新聞は身近なもので あり、日本の新聞のインクはエコマーク認定製品が使われているため、手で触れても大丈夫。シックハウスの原因といわれるホルムアルデヒド・VOCの放散試験で無垢の木と同様のF☆☆☆☆以上の安全性が認められています。
紙からできているので燃えやすいと思われがちですが、「セルロースファイバー」 は難熱処理をしてあり、JIS難熱等級3に合格しています。
火災でも火がつきにくく、燃え広がりにくいのです。
また、新聞紙ですから火がついても 有毒ガスは発生しません。

難燃3級 JIS A 9523

thum02
03
快適性

「セルロースファイバー」は、心地よい温熱環境が得られます。結露を防ぎ、 いつも最適な湿度を保ちます。
天然の木質繊維であるセルロースファイバーは、周囲の湿度や温度に応じて水分を吸ったりはいたりしています。
化学素材にはないこの吸放湿性が、適度な湿度をもたらし、結露を防ぎます。
グラスウールや羊毛などと比較実験の結果、吸湿・放湿性ともに断熱材トップクラスの性能であると証明されました。
また、吸音性にも優れています。 床・壁・天井に隙間なく「セルロースファイバー」を施工すると、室内の音を吸収し、外からの騒音を和らげます。
そのため、採用した方の多くが以前の家より静かになった気がすると言われるのです。
また、優れた吸音性は生活音を外部に漏らしません。楽器の演奏や、大音量で映像を楽しみたいご家庭にもおすすめです。

thum03
04
健康性

呼吸する自然素材の断熱材「セルロースファイバー」が、黒カビの原因となる壁体内結露を防ぎ、健康的で快適な住空間をつくります。
また、建物全体で温熱環境を整えてくれるので、リビング・浴室と脱衣室・トイレなど、温度変化の激しいところを移動すると、体が温度変化にさらされるヒートショックが起きません。

thum04
05
省エネ・省CO2性

「セルロースファイバー」を吹き込む「デコスドライ工法」は、省エネ基準のうち最も厳しい「次世代省エネルギー基準」の認定工法。吸放湿性に優れ、壁体内に結露の発生がないことが実験で裏付けられているので、防湿層を設けなくてもよいと認められています。
そして、リサイクル品を利用して作られる製造過程でもエネルギーの消費量を最小限にする取組みや運搬に鉄道を利用し、CO2排出量を抑制する取組みが評価され、日本で初めてのCFP認定の断熱材です。

CFPとは
CFP(カーボンフットプリント)の略。商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル。全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組みです。
CO2排出量削減を推進すること。「見える化」された情報を用いて、消費者がより低炭素な消費生活へ自ら変革していくことを目指しています。

thum05
06
防カビ・防虫性

木質繊維が持つ吸放湿性の効果で菌やカビの繁殖を抑制し、ホウ酸の効果でシロアリなどの害虫の発生を防止。
また、撥水処理されているので、少々の雨漏り程度の湿気なら寄せ付けません。撥水試験でも、水をはじくことが実証されています。
また、撥水性があるので、カビや菌の発生も抑制します。

撥水性試験 JIS A 9523
カビ抵抗性表示 : 最上級のランク3
防カビ性試験/JIS Z 2911

thum06
07
建物の高耐久性

「セルロースファイバー」は日本工業規格(JIS)に適合した製品です。
JIS製品 は第三者機関による検査をパスし、ホルムアルデヒド放散による区分、防火 性、防カビ性など、厳しい7つの基準を満たさなければなりません。
さらに 品質の管理体制も問われます。また、断熱材は何よりも施工の精度が重要と考え、熟練した技術者が施工する体制を採用。
そうすることで、断熱材内部に結露が発生しないことを保障する「無結露20年保証書」を発行しています。

thum07
セルロースファイバーの施工

まず、壁や屋根の下地に専用の透湿シートを施工します。
ここに圧縮機からつながったホースを通して、セルロースファイバーを充填していきます。
このシートは向こうが微妙に透けて見えますので、隙間が空いていないかどうかもしっかりとわかります。
隙間なく施工して、壁内無結露20年保証を行います。

画像

まとめ

デコスドライ工法は、結露を防ぎ、防カビ防虫効果が高く、夏は外部からの熱の侵入をおさえ、
冬は室内の熱を逃さない快適空間が実現します。家の中の部屋と部屋の間や1階と2階の温度差を少なくできるため、
温度のバリアフリーで、高齢者にもやさしい家に!
木造住宅には調湿効果が高い木質繊維系断熱材である
「デコスドライ工法」施行の弊社にお任せ下さい。

「いいなぁ」がきっかけ。まずはご相談・資料請求を!
PAGE TOP