築46年鉄筋コンクリート造を木質化した2世帯住宅再生

祖父母が46年前に建てたコンクリート造住宅を、2世帯住宅にリノベーション。コンクリート造だから出来る大空間を活かして、家具で緩やかに空間を間仕切る設計に。屋根や外壁を一新し、断熱性能を高め、室内は木の香りいっぱいの2世帯が暮らしやすい家に生まれ変わりました。

  • 屋根を改修し、外壁は断熱性能を高め、新しく塗装を施し、美しく生まれ変わりました。

  • 1階の親世帯のキッチンは会話の弾む対面式に

  • 1階の客間だったお部屋は親世帯の寝室へ。床や壁も一新しました。

  • 子世帯の2階リビング。コンクリートの冷たい印象から木の香りいっぱいの空間へ大変身。

  • コンクリート造だからできる大空間。部屋を区切らず広がりのあるお部屋へ。窓が沢山ある事で家中が明るく。

  • 大きな一枚板のカウンターテーブルは奥様のこだわり。キッチンの背面は収納に

  • 窓際に作りつけたカウンターテーブルでは外の景色を眺めながら読書を。そのままゴロンと出来る畳の間も。