景色と気配を感じる
子育て世代の平屋のお家

南側に抜ける景色を活かし、軒を深くすることで広がりと落ち着きを出しています。

家族の気配を感じながらおこさんがのびのび成長できる為のお家です。

総2階にせず、平屋にお子様の部屋をロフトを大きくした空間のお家です。

  • 外観は落ち着いた印象になります。右手前にあるのは自転車置き場と外部収納です。

  • 高い吹抜けと深い軒と大きな開口が広がりを作ります。

  • 左) 2階とは障子で間仕切るため、 ゆるやかにつながります。
    右) キッチンから洗面、物干し、そして収納まで楽々の家事動線。

  • 寝室の壁の一面の色をかえ、床と梁の色も濃くしてリビングとは違った雰囲気に。

  • 右上) 対面キッチンで家族の様子を見ながら家事ができます。カウンターは朝食やお子さんの学習スペースとしても利用できます。
    右下) キッチン後ろは物も多く散らかりがちですが、建具付きの収納で、いつでもすっきり見せられます。

  • 3畳の畳コーナーは、吊り押入れにすることで広く感じます。小上がりに腰掛けたり、横になれたり、大きなソファーのようです。

  • 深く出した軒の出は、雨の日でも窓を大きく開けたり、縁側の役目を担ってくれます。