記事一覧

セミがミツ

本日は季節の便りです。

 

長かった今年の梅雨も、ようやく開けそうです。

梅雨明け宣言を待ちきれずに、

今年も、コアー建築工房では、朝から耳が痛いほどの強烈な蝉時雨がはじまっています。

コアーの社屋のすぐそばに、シマトネリコが列植されていて、

今ではそれが大きく育ち、高い部分は大屋根の軒を超えています。

このシマトネリコ、蝉のひと夏の宿となっております。

毎年多くの蝉を見かけるのですが、今年は特に多いような気がします。

それでは、シマトネリコに近づいてみましょう。

↑蝉が何処にいるのか、わかります?

 

正解は下記です。

いや、正解ではないかもしれません。

見落としているヤツがいるようなケハイがします。

 

↓もう1問。

 

正解(かもしれない)はこちら。

そうとう密ですね。

ココロざわつきましたか?

写真で見るより直に見る方が、さらにインパクトがありますよ!

 

蝉は、幼虫時代を土の中で何年も過ごし、

地上に出てきて羽化した後は、1週間ほどの命といわれています。

そのわずかな期間に恋をし、子孫を残し、息絶えるわけで、、、

ちょっと切ない気がします。

 

蝉たちの生命の謳歌「蝉時雨」只今全力開演中!

開演期間は夏の一時期のみ、しかもお昼前にはたいてい演奏が終わっています。

ご近所にお住まいの方、よろしかったら朝のお散歩がてらに、

コアーに「蝉時雨」を聴きにこられませんか!

(梅谷)