私たちの家づくり

無垢の床の厚みは、  ㎜?

2階の床板の厚みの話しです。

無垢の床板の厚みは何ミリですか?

自然素材を使っている会社によって、床板の厚みが違います。

30㎜とかの厚板を使っている会社と、15㎜とかの板を使っている会社に、おおむね分かれます。

 

床板を30mmを使っている例

(下図)30㎜の床板を梁に直に張り、構造的には火打ち梁という斜めの梁で床の強さを確保します。

床板を厚くすることで床のたわみを防ぎます。

この場合の床倍率は、0.24

家の構造的な水平の強さは床倍率で表し、数字が大きいほど強いということになります。

 

床板を15mmを使っている例

(下図)15㎜の床板の下に構造用合板24mm(又は杉の3層パネル36mm)を張り、構造的には構造用合板で梁を固めています。

コアーではその間に、防音材をはさんでいます。床のたわみは構造用合板を厚くすることで防ぎます。

8帖の床の場合 床倍率 1.20

30㎜の床板+火打ち梁 と 15㎜の床板+構造用合板 を構造的に比べると、

下の図の方が上のやりかたより 5倍 強いです。

(大畑)

 

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい