木々を抜けてワインショップへと続く店舗併用住宅のリノベーション

外構のチカラ!

堺市西区のK様邸。

間もなくお引渡しの、住宅再生の現場です。

 

いきなり外構屋さんの裏ワザの紹介から!

この施工中の写真をご覧ください。

01

木材を曲線に並べて建てるスクリーンを製作中の様子です。

注目は足元。

U字溝を、Rを描いて並べ、そこに木材を差し込み建てています。

木材をバラバラに建てていくと、綺麗なラインが出しにくいですよね。

先にひと手間かけることで、施工性も仕上がりも良くなる、という訳です。

そして完成した様子が下の写真。

02

なんということでしょう!

木材の足元に並べたピンコロが、滑らかな曲線を描いていることも相俟って、

見事な木材のR状スクリーンの完成です。

ちなみにこの材木、ユーカリだそうです。

 

さて、それ以外の外構の完成の様子をご覧ください。

土地は、道路から3m近く高くなっており、アプローチの階段を登っていくと、

正面に見えてくるのが、先ほどの木材を使ったR状スクリーンです。

03

そこを左に折れ、鋳物の洒落た門扉を抜けると、

広がっているのがご覧のようなお庭です。

04 05

「木々の間を抜けて、家に入りたい」という奥様のご希望に応えた、

緑あふれるお庭となりました。

しばし時を忘れて眺めていたら、確実に心を癒してくれそう、

そんな、清澄で力強い氣に満ち溢れた空間となっておりました。

 

そして注目していただきたいのがこちら。

06

外構屋さんが、お庭の木々を剪定した小枝類。

奥様が、それらを使って生けた、アレンジメント。

これは、インテリア雑誌の載っていても不思議でないレベルの、すごい作品です!

 

07

そして、玄関ポーチのそばには、平鉢に活けられたアレンジメント。

これも奥様の手によるもの、素晴らしい!

 

住宅再生で、新たな命を吹き込まれた建物。

それに加えて造られた、木々や花の生命力にあふれるお庭は、

さらにパワーを与えてくれることでしょう。

そして、庭の木々・花を使ったアレンジメントに見られるような、

住み手と建物・お庭との深い関わり合いによって、

そのパワーは掛け算式に増えていくに違いありません。

(梅谷)

 

kengakukai_bunner_2019_9_2_2 kengakukai_bunner_2019_9_1_2

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい