生き節と死に節

死に節の絵1_edited-1_2[1]

無垢の木には節が有ります。

節は木の枝なので、木に枝がある限りは必ず節は有ります。

そして節には『生き節』と『死に節』があります。

死に節の絵1_edited-1_2[1]

生き節は構造的にも問題はなく有効ですが、死に節は枯れた節なので穴になります。

今使っている構造材は先祖の山師が枝打ちをしてくれて、特に関西は大きな木が多く

生き節も小さく死に節も無いきれいな構造材が使えています。

現状山に有る杉や檜はほとんど間伐や枝打ちなどの手入れがされていない状況で、

今後は節が多い構造材が増えてきます。

先祖の山師が手入れをしてくれた素晴らしい木材を使って家を造っていただければと思います。

(大畑)

kengakukai_bunner_201812-02

2.png 1.png

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい

 


関連記事

  1. スクリーンショット (48)

    ナカイノメ87 ~家を計画する前に~

  2. 川西市K様邸 新築工事

  3. シマトネリコさん散髪される

  4. フリールーム

  5. IMG_8805

    ゆず収穫

  6. カヌレが美味しいパン屋さん

  7. コアー建築工房 本社ウッドデッキ(ウリン材にやり替え)

  8. 地域工務店としてできること・・・

CONTENT

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページトップへ
コアーの住宅再生