記事一覧

茅葺の里 ~京都 美山~

昨日、ロスコ佐藤様が主催するネクスト研修にて

京都美山の茅葺の家を見学に行きました。

IMG_7416IMG_7419

茅(すすき)を幾層にも重ね、下地材、中材、仕上げ材と茅の種類を変え特性を活かした

屋根のつくりになっています。

雨漏れを防ぐため急勾配になっており、約15~20年に一回葺き替えが行われます。

また屋根の方位によっても傷み方が違い、雪深い美山では、北側の屋根に残る雪の影響で

北側が痛み削れているのがよくわかります。

IMG_7420IMG_7422IMG_7424

古の知恵でつくられてきた伝統の技

再生可能な原材料で、自然に調和したデザインを感じることができました。

IMG_7425

縁から外を眺めると、軒が深く

安心感、居心地のよさを感じます。

 

美山では茅葺職人 西尾 晴夫さんが運営する

かやぶき民家を一棟貸してくれる宿があり、多くの外国人旅行客も利用される

日本が世界に誇れる文化が美山にはあります。

 

自然を受け入れ、そこに佇むような住まいをこれからも追及して

お家づくりの提案をしていきたいと感じました。

(上垣内)

f4bf6a1c5981 requestBtn

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい