CONTENTS

家づくりのお役に立てる最新情報をお届け!!

大きな断面の梁を使うわけ

梁

家の構造である の話しです。

上は細い梁を2本重ねた合わせ梁で、下は1本ものの梁で、この2つは同じ大きさですが、

強さは ずいぶん違います。

梁の荷重に対する強さは、およそ梁の 高さ(H)の3乗 で決まってきます。

上の 合わせ梁 (12×12×12) × 2本 = 3456

下の 1本ものの梁 (24×24×24) = 13824

 

つまり下の無垢の1本ものの梁は、同じ大きさの合わせ梁と比べて4倍の曲げに対する強さがあります。

関西は全国と比べても、大きな木が多く、安定的に供給もされます。

コアー建築工房では紀州の1本ものの梁を使っています。

梁

(大畑)

 

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい


関連記事

  1. 2016-12-24-13.29.22-2.jpg

    城跡と城郭建築伝統建築の技(石垣・木造・漆喰壁・屋根瓦)美

  2. 住宅ローン ~金利の動き~

  3. 外壁後退

  4. IMG_9157.jpg

    最近のコアー建築工房の家(施工例)

  5. 2016-8.jpg

    毎回好評の「家ゼミ」、今ならまだご予約可能です!

  6. img_1799

    知っていると得する補助金!!

  7. DSC_0062.jpg

    マイホームを建てようと決意したら「No1」

  8. ◎得々情報 フラット35について

CONTENT

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページトップへ