社長 in まごの店

 

社長は常日頃

「地域活性化せよ」 と言っています。

 

コアー建築工房の1Fにある “みんなのカフェ” も、

地域の人に親しんでもらう為に作ったカフェです。

 

 

そんな社長が今回、三重県の多気町にある

高校生レストランで有名な 『まごの店』 に行ってきたそうです。

 

image3

image4

image5

 

『まごの店』 はドラマになったので、かなり有名ですが、

本当にお店は大繁盛で、毎回大行列です。

 

地域の野菜や魚、特産品の松阪牛を必ず使用して、

地元の高校生が調理します。

 

美味しい料理を作るために、高校生たちは休みなく努力する。

その姿を見て、美味しくて安全な野菜を作ろうと、農家の方も努力する。

その素材を活かすために、さらに高校生たちも努力する・・・・

 

 

この良い循環が、「県外からもお客さんが来て、地域活性化する」 という結果につながっています。

 

image2

 

まごの店の建物も、地元の工業高校の建築科の生徒の作品であったり、

この計画の仕掛け人は町役場の課長だったりします。

 

まごの店から出た生ごみを、農家の方が引き取って、それを堆肥にして、

できた作物をまたまごの店に納入する。

まさに “地産地消” です。

 

これで毎回赤字ならば問題ですが、ちゃんと儲けを出している。

 

「あぁ、“働く”ってこういうことなんだな」 という事が、高校生の時から学べるんです。

学校の勉強も大切だけれど、学ぶってこういうことなんです。

とてもいい環境ですよね。

 

 

この「まごの店」に関して、もっともっと書きたいくらいなんですが、

めちゃめちゃ長くなるので、このへんでやめておきます(笑)

 

社長は、こういうことをコアーのある堺市でやりたいとずっと思っています。

 

コアーの家の材料は(堺では木材は採れないので)、お隣の和歌山県の木材を使用したり

もっともっと地域を活用して、もっともっと活性化してほしい!

そのためにはコアー建築工房は何をしたらよいのか。

 

毎日のように 「考えろ~」 と、私たち社員に言っています。

 

 

うーん・・・・。簡単なようでとても難しい。

 

 

社長が買ってきてくれた、まごの店のケーキでも食べて考えようっと。

IMG_2448IMG_2449

 

この日、猛烈にティラミスが食べたかった私のテレパシーが社長に届いたのか、

私はめでたくティラミスを食べることが出来たのでした♪

 

IMG_2450

おいしゅうございました (^v^)

相可高校のみなさん、材料を作ってくれた方々、そして買ってきてくれた社長、

ごちそうさまでした!

 

 

(川嶋)

sakai0514-0515-bunner2

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい


関連記事

  1. kinoie

    木の家設計グランプリ2018

  2. 20190728photo011

    約束する事 ”社長の言葉”

  3. IMG_9481

    本当の約束 ”社長の言葉”

  4. 社長似顔絵

    社長の言葉 ”取り返せないもの”

  5. IMG_6361

    運が人を選ぶ

  6. なんでやねん会!!

  7. 社長似顔絵

    社長の言葉 ”物には心あり”

  8. モノと自分

CONTENT

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップへ
コアーの住宅再生