私たちの家づくり

式台探しの旅 ~吉野・阪口製材所~

本日、お施主様とご一緒に奈良県吉野・阪口製材所へ行ってきました。

来週上棟予定の現場に玄関式台を選びに、いざ奈良県へ!!

玄関の式台とは

  いわゆる、玄関に入って最初に目が行く顔です。(参考写真)

式台

天候にも恵まれ、山道の途中には、山桜がちらほら咲いていました。

出発して1時間、吉野・阪口製材所へ到着。

阪口さんは、いつも造作材を仕入れている会社で、良質の材料を提供して下さっています。

阪口製材所HP

事前に、用意してくださった材料3点から選びます。

DSCN9322 ②DSCN9321 ③DSCN9320

阪口社長の見立ての下、お施主様が決心されました。

DSCN9323

オンリーワンの杉の1枚板がこれです

DSCN9329

樹齢260年の杉 伐採し製材した後、10年以上、天然乾燥し倉庫に

眠っていました。木肌と木の目がなんとも奥深いさすが、樹齢260年の木!!!

化粧仕上されたこの板がどんな風合いで半月後に、現場に現れるのかが

今から、楽しみです。

 

DSCN9337

伐採した樹齢260年生と左側が樹齢80年生

 

家ゼミバナー

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい