ひかり仕事

これは桂離宮の庭の建物の屋根を下から見上げた写真です。

dc020103

丸い木の梁に丸い竹の垂木がつきささっています。

このように、平面でない材料を組み合わせるのには、手間と時間がかかります。

以前、コアーで茶室をさせて頂いたときに、丸い石の上に柱を立てる仕事が有りました。

柱の切口にチョークを塗って石にあてて、どこがあたっているのかを見て、

あたっている柱の切口のところを削るという作業を繰り返して最終的にぴったりと合わせていきます。

このような作業を『ひかる』と言うのだと、教えていただき、実際に見て、感動をしたことを思い出します。

 

私も建築の古くからの決まりごとに学び、若い人にも伝えていければと思います。

(大畑)

 

2HP1 本社の雪景色 ←次回の見学会はこちら

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい


関連記事

  1. 高倉台T邸新築工事

  2. 高槻市 O様 リフォーム大改造 ”完成”

  3. 二条の路地裏で

  4. 大魚夜市

  5. 堺市中区 H邸 新築工事

  6. 誕生日

  7. 箕面市H様邸 新築工事

  8. ペレットストーブ、大活躍中です。

CONTENT

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップへ
コアーの住宅再生