記事一覧

一輪でさりげなく気持ちを伝える

去る9月7日、26回目の誕生日を迎えました。

当日はといいますと、

帰宅しようと自転車をこいだときに違和感が。

なぜか自転車の車輪が曲がっており(たぶん駐輪時車に轢かれた)フレームごと交換という痛い出費。

親には「25歳おめでとう!」と間違いメールを頂きました。

なんだかな~…と、自転車屋を二軒はしごして帰って、ポストをあけると小さな箱が入っていました。

1 送り主は友人。開けると

2

お花と共に友人からのメッセージ、花言葉、花に関する歴史が書かれたカードが一緒に入っていました。

粋なことするな~!!泣

ヒペリカム →花言葉「きらめき」
ギリシャ語での「hyper(上)」と「eikon(絵・像)」の意で、この花が祭典で魔除けの像の上に置かれていたから。和名は金糸梅(きんしばい)。

「はなてがみ」という花ギフトだそうです。

大きな花束や、照れくさい便箋の手紙だとおおげさだし、メールでは気持ちが伝わった気がしない。

気軽に贈れて、相手の負担にもならない、絶妙なバランス感覚素晴らしい。

 

贈っているのは「花」だけではなく、相手を想う「気持ち」。この文章にはやられました。

相手からの気持ちを飾っていると思うと本当にうれしいです。

3 最後の最後でハッピーバースデーにしてもらいました!

(松永ちほ)