積算

少し以前のお話になりますが、積算の講義もそろそろ終盤を迎えて、自習で今までの内容を振り返っての演習をさせていただきました。

そこで私の教わっている内容を少しご紹介させてもらいます。

まず積算とはプラン図(まだ詳細が決まっていない大まかな図面)の状態から必要な材料(例えば床に必要なフロアー材の数や壁の内壁に左官する面積など)を拾い出していき、それらの一つ一つの金額を出していくという内容のお仕事です。

その中で私は面積(床面積・壁面積・屋根面積など)の拾い出しやデッキやバルコニーなどの外部設備に必要な部材の数の計算方法などを教えて頂きました。

このお仕事は住宅のあらゆる場所の拾い出しをしないといけない為、建築の全体的な知識がとても必要になってきます。

特にコアー建築工房の住宅は標準化されており、物の寸法が決まってくるものも多く、それらの全てをしっかり理解し、覚えていないと計算することが出来ません。

まだまだ、覚え切れないことも多いのですが、少しずつでも自分の身につけていき、これからも日々成長していきたいと思いました。

DSCF8634 DSCF8630 DSCF8631

(波多野)

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい。


関連記事

  1. 小学校での授業の準備

  2. 奈良飛鳥寺 訪ねて!

  3. IMG_0921

    浜松カップ開催

  4. わかやま城下町バル

  5. 大工工事中です

  6. ネクスト研修

  7. 冬の楽しみ

  8. 川西市U様邸 新築工事

CONTENT

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップへ
コアーの住宅再生