記事一覧

8/17 社長の言葉

毎朝の朝礼の社長挨拶の際には、いつも沢山の気づきをもらうきかっけになるのですが、

今更ながら、『そうだったんだ!』と教えて頂いたことがありました!

2015-08-18 10.33.09 職場の教養は『職人』についてでした!

 

『昔から言うでしょ 家は3回建てなければ…って』 って聞いたことありますよね?

これは、実際に3回も家を建ててみなければ満足できる家にならない・・・という意味に捉えられていますが

実はそうではないそうです!!

 

3回建てるぐらいでないと、『良い職人』に出会うことができない  

という意味だそうです!!

 

昔は棟梁が職人とやりとりして、まさにプロの仕事で出来上がっていましたが

今は、ハウスメーカーや、工務店というお客様との間にいる立場の人がいて

職人は、その指示に従うことで成り立つ仕組みに変化しました。

 

指示に従うということは、出される指示が職人同等・以上のレベルであれば良いのですが

職人というその道を極めたプロの意見を聞かずに、従って作ると当然レベルは下がってしまいます。

だから、私たちはお客様が選ぶことができない職人さん・大工さんはとても重要だと思います!

 

もちろん現場での職人さんの意見を大切にしなければならないと、考えますし

何より、私たちがプロとしての心意気を絶対に忘れてはならないのです。

そんな、とても大切な事を教えてもらったお盆明けの朝礼でした。

(田深)

 

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい