記事一覧

気密試験

コアー建築工房では、引渡し間近の新築住宅で、お家の気密性能を調べる気密試験を実施させていただいております。

お家の気密性能が良いと、

冷暖房の効果・効率が良くなる他、

壁の中の結露を防止したり、

想定外のヵ所からの風の流出を抑えられるため、換気を計画的に行いやすくなり、室内を新鮮な空気で保つことができたり、逆に、夏の熱風や梅雨時期の湿気の多い空気、冬の乾燥した空気などの流入を防ぐことにもつながるなどいいこと尽くめです!

気密試験は、専用の機械を用いて行っています。

機械を設置する場所以外の出入り口や窓は閉め切りにして、換気扇なども目張りをして、家のどこかに風の吹き込むような隙間がないかを点検して回ります。

「C値」と呼ばれる相当隙間面積(建物全体に存在する隙間の総面積を、床面積で割った数値)が検査によって計測されます。このC値の値が小さいお家ほど、断熱性能が高いということになります。

コアー建築工房では、C値:1.2以下を目標に定め、お施主様へより良い生活環境をご提供できるよう、竣工後も気密性能の改善を目的とした、サッシの調整などの是正工事を責任をもって行わさせていただいております。

 

(後藤)