記事一覧

心を込めて 手刻み、枠加工。

01

リフォームの現場の枠材の加工を頼もうと、美原にある当社の倉庫兼加工場に行きました。するとそこの1階で、戸髙勇一棟梁が材木の手刻みをしている場面に遭遇したのです。

02 03

大工さんが、颯爽とし一番かっこいい! と思われるシーンは、やはり建て方の時でしょう。でも、その前段階で、このように倉庫の隅で、手刻みで仕口の加工をしているのです。

コアー建築工房では、基本的には建て方用の木材を機械によるプレカットで準備をするのですが、このように一部の加工は、大工の手で丁寧に行われているのです。材木の上に腰を下ろして、ノミで仕口加工をしている姿は、正にこれぞ大工!なのです。

 

↓さて、私が倉庫にやってきた目的はこちら。

05

現場の開口に合わせた枠材の加工です。

コアーの美原倉庫では、専任の大工さんが枠の加工を行っています。各現場の担当者や、担当棟梁が描く「加工図」に基づいて、1本1本作っていくのです。手作り感MAX!!

0604

本物の木の家は、大工が造る。建築現場が、その華やかな表舞台ならば、ここは舞台裏や楽屋みたいなものでしょうか。華やかな表舞台のための大切な準備が、ここで黙々と続けられているのです。

(梅谷)

 

kengakukai_bunner_2020_1_1_2

大阪で自然素材・国産材等、環境に配慮した注文住宅の木の家を建築するならコアー建築工房にご相談下さい