記事一覧

建具のデザイン

先日、大阪市内のあるお宅兼スタジオに訪問しました

訪問した理由は、築60〜70年の町家にある古建具を

新しく建てられるお家に使用する計画で下見と採寸

に伺いました。

元々は衣類の縫製工場兼住宅として建てられたお家を

写真スタジオに改装。都会の中にある昭和の佇まい。

とても丁寧にお使いになられた、味のあるお家です。

室内のあらゆる場所に、手の込んだ昔ながらの

“いいもの”がたくさんあります。

アンティークガラスや真鍮の手摺などなど、今でもいいデザイン。

そしてこのお宝?

「愛、憎らしい」A

何だこの書は?

以前、この写真スタジオで個展をされたアラーキーこと荒木 経惟氏が

酔っ払って壁に書かれたというエピソード付きのもの。

この数々の ”いいもの” を次のお家にどう引き継がれるか?楽しみです!  (千原)