暮らし

季節の移ろいを感じながら暮らす

高度成長期から現在まで市街化が進んできた中で、都市部以外では身近にあった自然がどん

どん失われてきました。

身近に自然がない暮らしが普通になってきているように感じる反面、人々は紅葉や若葉の季

節には自然を求めて郊外に出かけていきます。やはり暮らしの中に自然は必要なのではない

でしょうか。

 

コアー建築工房では、自然に抗うことなく、光と風を大切にし、季節の移ろいを感じなが

ら、心豊かに暮らして頂きたいという思いの中で家づくりを続けています。

   

(山内)