記事一覧

最近かばんのファスナーが壊れ、自転車がパンクし、お盆休みで自転車屋が開いていなくて修理できないという

悪循環が続いていました。

毎日の通勤でタイヤが擦り減っていたことや雨が降った後にオイルをさしていなかったこと等思い当たる節が多々あります。

昨日はバスで帰宅し中百舌鳥駅近くにある初めて行くお店で修理して頂くことになりました。

一年以上買ったままの状態で乗り続けていたのでタイヤやバーテープも新しくすることになり、

トータルでなかなかな金額になってしまいましたが自転車をメンテナンスせずにおなざりにしていたツケだな、と思いました。

店員さんの「ちゃんと手をかけてあげないと自転車も拗ねて言うこと聞いてくれなくなりますから。毎日見てあげていたら異常も発見しやすいですし」との言葉に、傷ついて手当てをして貰っているうちの自転車を見ている内に申し訳なくなりました。

パンクは自転車の反抗だったのでしょうか…

家に帰ってからはクリーナーで汚れを落とし、オイルも振ってあげました。

少しづつですが、持ち主から心が離れてしまった自転車との関係を修復していきたいと思います。

pa_nog_burasakaeru (松永ちほ)