お役立ち情報

匠と技

木造軸組の家づくり

 

「木造軸組工法の構造現し」という建て方は日本古来からの家づくりの手法で

 

柱や梁など構造部分が見えるつくり方です。

05102021-photo07905102021-photo107

この工法は開口部が大きくたくさん取れ、可変性を持たせたつくりができることから

 

完成後の改装などがしやすいことが特徴で、代々受け継ぐ家になることを願っています。

 

しかし、構造が見えるつくり方だからこそ技術力を必要とします。

 

弊社では、専属大工を社員と同数抱えた体制で、木のことを知り尽くし

 

コアー建築工房の家づくりに対する思いを共有した大工による一貫した高品質の住まいを提供してます。

1017photo0381017photo063 1017photo3601017photo223 20191102corePHOTO333web20191102corePHOTO257web

 

20191102corePHOTO592web20191102corePHOTO402web

また、「国土交通省補助プロジェクト 大工育成塾」から塾生を受け入れるなど

 

日本の木の伝統技術を次世代に残すために次世代の人材育成にも力を入れています。

 

毎年、新人大工の採用にも取り組み、若手大工も親方の元で頑張って仕事をしてくださっています。

1017photo0931015photo01089web 1015photo02118web20190918photo242web

人が住まう家だからこそ、人の手で心を込めた家づくりをしたいと思います。

 

生きた材料を扱うことは日本の伝統である職人の技術を必要とします。

 

そのため、私たちは専属大工・協力業者会による

 

つくり手の顔が見える家づくりに取り組んでいます。

 

(吉瀬真)