記事一覧

住宅ローンを検討中の方へ

住宅ローンを組まれる方で、繰り上げ返済を考えている方は多いと思います。
住宅会社で営業マンに繰り上げ返済を提案されることも多いと思います。
たしかに、返済期間が短くなったり、返済金額が少なくなると、気分的にも楽になります。


ですが、ちょっと待ってください!繰上返済にもデメリットはありますので、十分に理解したうえで進んでください。
《メリット》については、十分ご存知だと思いますので、ここでは《デメリット》だけ簡単にご説明しておきます。
ご計画の内容にもよりますので、詳しくは弊社までご相談ください。
《繰上返済によるデメリット》
①住宅ローン控除・・・・・控除期間中の場合元金が減るため、控除額が少なくなります。
②キャッシュフロー・・・ケガや病気など急な出費が必要になった場合や収入が減ったり、失職した場合、別途ローンを組もうとしても住宅ローンよりも金利が高くなります。
③万一の場合・・・・・・・・・住宅ローンの場合、団体信用生命保険に加入している方が多いと思います。借入者の方が、万一死亡や高度障害になった場合、保険により完済されます。
繰上返済後に万一の事態に直面される例もあります。その場合、ローンは繰上返済により無くなりますが、手元に現金も残っていない状況になります。
他にも、様々なデメリットはありますが、現実性の高いものは上記3点だと思います。
住宅ローンを組む場合、これらのデメリットも考慮して慎重に検討してください。
住まいの相談室 山内