記事一覧

今日は、新入社員の「細見さん」の話をします!

今年入社した新人さんは男性2人、女性2人の計4人。

うち1人の男性は大工さんを目指して修行に入っています。

他の3人は本社組織の中で研修中。

それぞれが各部署を順番に回り、座学を受けたり実際の仕事を手伝ったりしています。

本人たちからすれば、自分がやりたい事は何かを見つけるため、会社側からすれば、

適正チェックの期間というわけです。

先日、その中のひとり、細見社員を連れて現場回りをしました。

現場調査の時に、私が寸法を測り、彼女がそれを控えるという役割分担で行いましたが、

こちらが特に何も指示を出さなくても、状況をスケッチして問題点などを書き記すなど、

寸法以外の情報収集をしてくれました。助かります!

また、雑工事を行った現場では、私の行動をよく見ており、次にどんな道具が必要かを

判断し、手渡してくれました。仕事がスムーズに進みます!

ちょっとした外壁左官補修作業の時は、興味を示し自分もモルタルを塗ってみたいと、

私に代わって作業をしてくれました。頼もしいです!

じつに良い子なので、是非とも私の属す「技術管理部(通称工事部)」に来てほしい!と

言いたいところですが、本人の希望は「住まいの相談室(営業部です)」。

将来的には企画の仕事がしたいとの事で、そのためのスキルを身に着けるために

営業の仕事をすべきだと考えているそうです、しっかりしているなー。

そんな細見社員の似顔絵を描いてみました。

特徴としては、「ボーイッシュに短く切った髪」以外は、「小さい顔を2/3ぐらい覆って

いる大きめのマスク」、「そのマスクに半分近く掛かっている大きめの眼鏡」ですかね、

あはは。えー、いまだに彼女の顔がよく分かりません(苦笑)。

もともと顔を知っている人なら、たとえマスクを付けても誰だか分かるのですが、

マスクを付けた顔しか知らない人がマスクを外した場合、がらりと印象が変わる人もいて、

どちらさんでしたっけ?と、なることがありますよね。

マスクを外している彼女に街ですれ違ったとしても、かなりの確率で気付かないと

思います、たぶん。

これは同じ会社に籍を置く者としてヤバい事態だと思うので、次はマスクを外した似顔絵を

描かせてください(笑)!

眼鏡越し見える瞳は涼しげで優しく、きっと可愛いに違いない!と確信しています。

(梅谷)