記事一覧

主婦に優しいお家づくり

 こんにちは。

9月に入り朝晩涼しく、過ごしやすくなってきました。

でも日中の残暑はまだまだ厳しく、先日本社では最後の力を振り絞って鳴いているセミの声が聞こえて来ました。

そんなセミの声を聞くと、今年の夏は、長雨が続き、なんだか一瞬で終わってしまったなぁと少し寂しい気持ちになりました。

今日は私が日頃、家事の中で一番悩んでいる‥‥と言ったら大げさですが、主婦の方なら

きっと同じ悩みを抱えている方がいるのでは、と思っている「洗濯」について考えてみようと思います。

洗濯に関するよく聞くお悩みとして。

・朝の忙しい時間帯に洗濯が出来ない(洗濯物を朝干せないので夜にする)

・共働きで日中は留守なので急な雨に対応できない

・帰宅が遅いので、干しっぱなしでも気にならないようにしたい

・洗濯物を干すのに、洗濯機を置いている場所から物干しまでが遠く、往復が大変

・取り込んだ後、洗濯物をたたむ時間が無い(量が多くて大変)

・たたんだ後の洗濯物の収納場所がバラバラで大変。

などなど。

実はほとんど私の悩みなのですが…。

同世代の主婦の友達からも同じ悩みを聞きますし、コアーのお客様からも実際にお問い合わせのあった内容もあります。

そんな私がコアーのお家を見ていく中で、

我が家にもこれがあれば。。。と、日々憧れているスペースをご紹介します。

こちらでまとめて衣服を収納します。

これなら家族が多くても、洗濯物が多くても、ラクに収納できます。

たたまずハンガーにかけたままの収納はラクな上にシワにもならず、とても便利です。

洗濯物はすぐ上の物干しに干します。室内干しなので、急な雨で濡れてしまう事もありません。

帰宅が遅くなって干しっぱなしでも気になりません。

お天気のいい日はやっぱりおひさまの下で、という方には、屋根から光が差し込む、サンルーム型の物干しスペース。

こちらはいかがでしょう。

この洗濯機横の作業台が洗濯物をたたんだり、ちょっとした作業ができ、とても便利です。

洗濯機横に勝手口をつける事により、洗濯物をすぐ外に干すことが出来ます。

洗う→干す→取り入れる→たたむ→収納

洗濯ってよく考えたら、たくさんの工程が含まれています。

それを一か所で出来れば、こんなラクな事はないなぁと、改めて思いました。

新しくお家づくりをお考えの方も、リフォームをお考えの方も、このようなスペースで、家事を時短してみてはいかがでしょうか?

(早川)