記事一覧

スケッチで伝える!

私は打ち合わせ時に、スケッチを描くことが多いです。

理由は、イメージを伝えやすいから。

図面では伝わりにくいことも、スケッチなら一目見てわかっていただけます。

 

作画には時間をかけません。

たとえばこれ。

キッチンカタログに掲載されていたプラン図を下絵にして、サラッと描きました。

 

 

これはキッチン前のカウンターや物入プラン提案のために描きました。

一見2点透視図法風ですが、ただのスケッチです。

 

 

こちらは、お子様のための勉強コーナー造作打ち合わせ用に描いたスケッチです。

1点透視図法風ですが、かなりラフにハイスピードで描きました。

 

コンピューターソフトで描かれるカラーパースは、写真と見紛うばかりのリアルさで、特に初期のプレゼンテーションでは威力を発揮します。

私が描くスケッチは、それらとは役割が違い、打ち合わせの会話の一部です。打ち合わせ時に、その場で「こんな感じですかね!?」と描いたりもします。

施主様の思いを形にするための一助として、これからもサラッと描いていきたいと思います。

(梅谷)

 


友だち追加