記事一覧

さよなら 向野棟梁

長年に渡り、コアー建築工房の専属大工さんとして活躍してくれた、向野棟梁が

今手掛けている千里の現場が終わったら、実家のある九州に帰ることになりました。

高齢のお母さんの面倒を見るということで、残念ですが仕方ありませんね。

昔はどうだったのか分かりませんが、私がこの仕事をするようになって知り合ってからは

ほんとに温厚で、怒っているところを見たことがないような人柄でした。

まだまだ身体は元気なので、地元で大工さんの仕事を続けてくれるのだと思います。

ほんとにお疲れさまでした。

またいつか会えるまで頑張ってください!!  (佐野)