ちどは夢と断念でも、諦めきれず
大阪の注文住宅、木の家の一戸建て、平屋は工務店「コアー建築工房

大阪の注文住宅、一戸建ての工務店コアー建築工房 フリーダイヤル 0120-388-896

ちどは夢と断念でも、諦めきれず

敷地の余白を生かしてアプローチ・庭・景色を楽しむ住まい

S様邸

毎日でも飽きない上質な「素うどん」

「家を建てる」ということは決めたものの、モデルハウスをあちこち見ても感性に響く家に出会わなかったという施主ご主人。 そんななか、泉北の住宅展示場でコアー建築工房の家と出会い、初めて「ここで建てたい」と思った。 奥様もモデルハウスの玄関に入った瞬間「私が住みたいと描いていた家はこれだ」と直感した。 しかし、予算的に難しく、コアーの家は「夢としておこう」と断念する。 ところがこれまでさんざんモデルハウスをみてどれも気に入らなかったのに、ぞっこん惚れ込んでしまったコアーの家。 どうしても諦め切れなかった。そこで奥様は「自分の思いの丈をコアー建築工房の社長にぶつけてみよう」と手紙をしたためた。
「豪華な家は望みませんし、お金も無いので望めません。それでも、言うならば「素うどんのような家」が欲しいのです。でも、ただの素うどんではありません。素材がしっかりしていて、麺はコシがあってツルツルと喉ごしがよく、おつゆも出汁がきいて無農薬のおネギがどっさりとのっているような、毎日食べても飽きのこないとびきり上質の「素うどんのような家」でなければと思っています」
この手紙にコアー建築工房の社長は「私も同じ思いで家を建てています。一緒に「素うどんのような家」を作りましょう」と夢の実現へ踏み出した。

内観1 内観2

小さな家を大きく使う複数の役割が随所に

基本的にコンパクトな家であるぶん、工夫が随所に施されている。もっとも象徴的な造りが階段で、単に昇り降りするだけでなく、壁面をくり抜いて書棚を設けた。「手近なところに本があって、スッと手にすると階段が図書スペースに早変わりです。」
また、部屋は和室にも洋室ともなる自由な空間で、その用途を作り手側が限定しない。さらに、当初は1階に予定していたリビングは、陽当たりと風の通りを計算して2階に変更。それも、家族が集う大きな空間ながら適度に区切られていて「ちょうど隠れるところがある」と寝転んだり本を読んだりする私的な空間も確保されている。小さな家を大きく、広い空間は有効にと、いろんな箇所が複数の役割を兼ねている。

外観 外観2 内観3 内観4

本当に必要なものだけシンプルな家と暮らし

ご主人が「素うどんのような家」を求めた背景には、「住むほどに健康になりたい」というコンセプトがあったからだと言う。 家のデザインや感性に響いただけでなく、そんな思いからも自然素材にこだわるコアー建築工房を選んだ。 今後は「この「素うどん」に具を足すのではなく、いかに「素うどん」をキープしていくかです」と言う。 「要らないものはどんどん切り捨てて本当に必要なものだけで生活することを目標にしたいです」と、シンプルな家と暮らしが、ピュアなライフスタイルにつながっているようだった。

階段 一戸建て棚

  • 建物見学会 お申し込み
  • 住まいの講座 お申し込み
  • パンフレット請求

資料請求